Shoyu-Ramen

初期のジュエリーは貝殻、骨、石などの素材から作られることが多く、装飾品としてだけでなく通貨としても使用されていました。多くの古代文化では、ジュエリーには魔法や霊的な力があると信じられており、宗教的な儀式でよく使用されていました。